接着剤フィルム ファルダ™エポキシ系熱硬化型接着剤フィルム
常温保管タイプファルダ™

熱硬化型樹脂でありながら、常温シェルフライフが長く、良加工性を実現致しました。

特長

  1. 優れた常温保存安定性
    ※常温(23℃)100日滞留後も接着力の減少率が5%未満。
    シェルフ
    シェルフ
  2. 流動性に優れ、ラミネートやプレスなど、様々な加工が可能。
    低タックなのでラミネートなどの加工性に優れます。
    ベタつきが少なく、ラミネートロールを汚しません。被着体においた後での位置調整が可能です。
    優れた流動性を有しているため、ラミネートやプレスなど、様々な加工方法が選択可能です。
    TSA-5Aの温度に対する溶融挙動
    ※ 10℃/min昇温
    ※ 測定値であり、保証値ではありません

    加温による溶融粘度が速やかに下がるため、表面凹凸のある被着体でもその隙間へ埋まりこみ、接着力が上昇します。

代表特性

品番   TSA-5A 備考
硬化後接着力 N/cm 13 N/cm サンプル:PIフィルム75μm/
"TSA"/35μm 電解銅箔板
5mm幅、90°剥離
耐リフロー性 260 ℃ JEDEC LEVEL3
ガラス転移温度 80 ℃ DMA法
熱硬化後
貯蔵性率(MPA)
-40℃ 2000 Mpa
25℃ 700 Mpa
150℃ 2 MPa
吸水率 % 1 % 85℃ 85% RH48hr
後の重量増加率