有機EL発光材料

概要

東レは、自発光、省電力、薄型・軽量、折り曲げ可能、高コントラストといった特徴により次世代ディスプレイとして拡大している有機ELディスプレイ用の有機EL材料を提供しています。東レは有機EL材料の中でも「電子輸送材料」、「正孔輸送材料」、「発光層材料」を提供しています。

特長

  1. 有機EL素子の低電圧化、低消費電力化を実現します。
  2. 有機EL素子の高効率化を実現します。
  3. 有機EL素子の長寿命化、耐久性向上を実現します。
  4. 有機EL素子の高温長時間安定駆動を実現します。

用途・使い方

東レの有機EL材料は基本的に固体粉末です。それを蒸着機に入れ、真空・高温条件下で基板上に製膜し、有機EL素子を作成します。

有機EL素子の例(断面図)

有機EL素子の代表的な構成断面図を示します。基板の上に、陽極、正孔輸送層、発光層、電子輸送層、・・・の順に蒸着で製膜していき素子を作成します。電流を流すと陽極から正孔(+)が、陰極から電子(-)が流れて発光層で結合し、光を発します。

有機EL素子の代表的な構成断面図