プラスチック光ファイバー レイテラ™光ファイバーとはレイテラ™

光ファイバーは、コアと呼ばれる芯材とその外側のクラッドと呼ばれる鞘材との2層構造になっています。クラッドよりもコアの屈折率を高くすることによって、コアとクラッドの界面では臨界角より大きい光の全反射が起こります。コアに入射した光がこの全反射によりコア内に閉じ込められて伝搬されることになります。

特長

光ファイバーの種類

光ファイバーはその材質や構造から、次の通りいくつかに分類できます。

  コア クラッド 伝送損失
(波長)
用途
ガラス光ファイバー 石英光ファイバー 石英 石英 0.5dB/km
(@1310nm)
長距離通信
(公衆回線)
ポリマークラッド
光ファイバー
PCF 石英 シリコーン 10dB/km
(@850nm)
近~中距離通信
(~500m)
HPCF 石英 フッ素含有ポリマー 5dB/km
(@850nm)
中距離通信
(~2km)
多成分ガラス光ファイバー 多成分ガラス 多成分ガラス 15dB/km
(@850nm)
近~中距離通信
(~300m)
プラスチック光ファイバー PMMA フッ素含有ポリマー 150dB/km
(@650nm)
短距離通信
(~50m)
工業用照明・装飾

プラスチック光ファイバーについて

東レプラスチック光ファイバー レイテラ™は、低損失かつ高信頼性のマルチモード・ステップインデックス型光ファイバーです。コア部を形成するポリメチルメタクリレート(PMMA)には、モノマーからファイバ構造までを一貫製造したクリーンなポリマーが使用され、クラッド部には特殊フッ素含有ポリマーを使用しております。

電線との比較
  1. 伝送帯域が広い
  2. 耐ノイズ性
    外部からの電磁誘導障害を受けない
  3. 防爆
    短絡事故が無い
  4. 軽量
  5. 漏話の完全防止
石英系光ファイバーとの比較
  1. 大光量伝送
    大口径、コア比率が高い
    100μm : 96%(石英系 125μm : 0.6%)
  2. 柔軟性(折れにくい)
  3. 取り扱い性
    太系、特殊な技術・治具を必要としない
  4. 低コスト光伝送システム
    赤色LED、樹脂コネクタ